何にでも関心を示すことが成長の過程では大切です

スティック型の掃除機が人気上昇、売れ筋ランキングトップ10

スティック型の掃除機が人気です。
かつては本体と吸引部をホースでつなぐキャニスター型が主流でしたが、使い勝手がよくなったためメインの1台として活躍しています。

■売れ筋トップ10

(1)SV10 FF2(ダイソン)6万2960円

(2)ZB3325B(エレクトロラックス)6万4800円

(3)EC―A1R(シャープ)3万7910円

(4)MC―PBU510J(パナソニック)5万6660円

(5)VC―CL1400(東芝ライフスタイル)7万4880円

(6)HC―VXG30P(三菱電機)7万5110円

(7)PV―BE400(日立アプライアンス)4万6500円

(8)ZB3101(エレクトロラックス)1万8980円

(9)PV―BD200(日立アプライアンス)1万8550円

(10)SV―H101(シロカ)1万7800円

引用:朝日新聞デジタル

≪ネット上の感想≫

バッテリー寿命が明記されていないものは、耐充電回数が500回くらいで、交換費用も高いので気をつけてくださいねー。コスパ考えればコード式のスティック型の方が優秀。

うちはマキタのを使って3年。サブのつもりだったけどいつの間にかメインになってます。

あのー掃除機って、すぐひっくり返りませんか?むしろ腹側が表面に来いよ!ってレベルじゃない?

「藪からスティック」 (c)ルー大柴

ダイソン愛用者です。細かい塵や埃も、猫の抜毛もしっかりキャッチ。目では確認出来なくても吸い取ったゴミが透明な部分に渦巻いているのを見て「掃除した」と実感します。

縦型だと収納もコンパクトだし、使いたい時に手軽に使えるから愛用してる♪昔ながらの引きずって使うのは紙パックを調達するにも不便で本体が意外と重いのよね~

マキタの掃除機はバッテリーが使いまわせるので便利です。

コードついたヤツでもスティック掃除機はいいぞ!

過酷な環境で鍛えた建設業用マキタが秀逸

スティックコードレスはマメに掃除するヒトなら良い。デメリットはフィルター掃除とバッテリーの定期交換。メンテは紙パックが楽。音も重要。掃除機に合わすより生活に合ったモノがベストかな。

膝が悪くなった母に買いました。しゃがまなくてすむので楽になったそうです。

日立とシャープは故障率が高いように感じる。あと、全般的にサイクロン式は掃除がめんどくさいのにそこを考慮せずに買う人多すぎ。

やっぱりダイソンの掃除機が欲しいなぁ~

ダイソン持ってるけど(大型とスティックと)使い勝手は良くない。充電切れ早過ぎ。日本製が優秀なんじゃないかな、結局。スティック型コードレスは私15年位前から使ってるけど。

会社ではマキタの1万円くらいのを使って居るけど、吸引力も取り回しもバッテリーの持ちも他に換え難い。バッテリーだけ追加購入とか、パーツだけ買って自分で交換とかも容易。

コードレス掃除機の王者であるマキタがベスト10に入ってない…だと!? いやいやいや、有り得んだろw俺も今回買ってみたけど素晴らしいぜ

断然マキタのがイイですよ?業務用のヤツね!

情報乏しすぎ。数万円で買うなら、MAKITA製品1万円代の買った方が強い! さすが工具メーカー♪

エレクトロラックス、オシャレだからリビングの端っこに立ってても違和感ない

Dソンはキャニスターもスティック型も両方オススメ出来ない。スティック型では無いがハンディ掃除機なら一万くらいで買えるパナのb20jpが長年の定番になってるだけあってオススメ

業務用、駅のお掃除の人達が使っているmakitaのクリーナー最高です。

汎用バッテリーのマキタ/日立工機で2択。

驚いた。マキタが人気かと思ってたけど、ランキングに無いのね~。うちは新居にマキタ買って、コードレスでスイスイ

ダイソン使ってます。ハウスクリーニングでも大活躍してますね

高いから躊躇したけど買って良かった!コスパも大事だけど、私はコードレスのストレスの無さのほうが大事。仕事から帰って玄関から掃除しながら家に入るというのが日課になってます。

リチウムイオンを使ったコードレス工具で日本国内ではトップメーカーの「マキタ」は掃除機も出している。

平成元年に買った縦型掃除機の吸い込みが弱くなったので初夏の頃にアイリスオオヤマのを買いました。軽いしバッテリーの持ちも良い。紙パック式なのも良い。これは当りだったな!

ダイソン手放せない

1993年に買ったスティック型の掃除機をまだ愛用してる
スティックと言っても本体とノズルがキッチリ別れて肩掛けでも使えるタイプ。同じ様なの出たら買い替えたいけど…本体丸ごとスティックしか見たことないなぁ